「安倍は外」

 統計にはいろんな名言があるそうです。「統計であらゆることが証明できる。ただし、真実をのぞいて」もその一つ。先日の日経新聞で紹介されていました。

 数ヶ月前ならクスッと笑う程度の話だと思いますが、今や全く笑えない状況。そう、毎月勤労統計のデータ偽装です。安倍政権の言う「好景気」「賃金上昇」の号令と、普段私たちが聞く実態とがあまりにかけ離れているので、おかしいと思ってはいたのですが、まさかもとのデータがいじられていたなんて・・・。

 その今の嘘と偽りの政治を変える為、各地で事務所開きや決起集会、つどいが行われました。県議選事務所は2月2日ですべて開かれ、闘いの砦もそろいました。2月3日は節分。「安倍は外」でがんばりたいと思います。

 節分と言えば、うちの長男の保育園でも「鬼が来る」イベントがあったようで、子どもたちが鬼の襲来にどう備えていたのかがクラスの通信に書かれていました。面白かったのはうちの子が「おすな、チャッチャってかけてきたきね」と鬼の行く手に砂を撒いて罠を仕掛けていたというエピソード。子どもなりに準備万端、備えをしているんですね。もちろん実際に鬼が来た際にはみんな阿鼻叫喚の地獄絵図だったようですが。

 安倍政権を退治するにも準備が大事。砂を撒いた程度では安倍政権は倒れません。告示まで40日ほどと迫った県議選、続く市議選、ここでまずは勝利する。その為はしっかり準備して臨みたい。

b0371728_09434601.jpeg
節分にちなみ、「鬼加工」された次男
(2019年2月10日付高知民報より)


by matsu_en | 2019-02-12 09:46 | マツケン舞台挨拶

日本共産党高知県国政対策委員長・松本けんじのブログです。日本共産党。


by matsu_en